北洋銀行の小銭の入金手数料が51円の入金に550円!!郵便局が有料化した後、無料で入金できる場所はここ!!

スポンサーリンク

常に小銭がでる現金商売だけど、入金に毎回お金がかかるのはもったいないと思っている方

毎月550円もかかっていたら、年間6600円です。何も工夫しないとただ出て行ってしまうお金です。

FPを取得し、継続的な節約を考えるのが趣味の筆者が、無料または、少ない金額で済ませる方法をご紹介します。

結果的には、北海道に住む人にしか無料は難しいですが、それ以外の方法もご紹介します。

これを見れば、年間の無駄な手数料を減らすことができます。

大量硬貨入金手数料とは

銀行に、大量の硬貨を入金する場合、手数料がかかります。これが結構な額で驚きます。

筆者は北海道在住のため、

北海道の大手地銀 北洋銀行の場合

硬貨整理枚数手数料
1~300枚無料
301~1,000枚330円
1,001~2,000枚550円
2,001枚以上1,000枚毎に220円を加算

北海道銀行

1~300枚無料
301~1,000枚330円
1,001~2,000枚550円
2,001枚以上770円
(以降1,000枚毎に220円追加)

300枚までなら無料で入金できます。

ATM入金は無料だけど、非常に時間がかかる

手数料が、もったいなかったので、100枚ずつ(一度に入れられる枚数制限50枚ですが、100枚くらいまでは入ります。)ATMで入金したら無料です。

数百枚なら、この方法が一番手っ取り早くて良いですね。

ただ、100枚入金するのに2分くらいかかってしまいます。

うちの場合は、月に1000枚単位だったので、ATMを20分も独占するわけにはいかないため、現実的ではありません。

もしatmを使うなら、銀行が空いている日時を狙いましょう。

混んでいる日 → 月末・月初・5の付く日・0の付く日・月曜日

混んでいる時間 → 12時から13時 14時から15時

郵便局は無料!?

郵便局は無料だったため、郵便局を使用していました。

が、2022年1月17日から有料になってしまいました。

硬貨整理枚数手数料
1~50 枚無料
51~100 枚550 円
101~500 枚825 円
501~1,000 枚1,100 円
(以降 500 枚毎に 550 円加算)

他の銀行より大分料金高めです。

盲点でした。ここは調べていなかった。郵便局はなんと無料で入金できます。

ATMは1枚から有料です。(110円~)

うちでは、会社の口座は持っていなかったのですが、一度個人口座に入金後、ATMで紙幣でおろせば、ばっちりです。

無料で入金できるのは 北海道信用金庫

なんと 北海道信用金庫なら、 入金だけなら(両替ではなく)窓口もATMも何枚でも無料です。

北海道信用金庫の口座が必要ですが、何枚入金しても無料です。

ちなみに、当社の近くの信金はいつも空いていて、楽楽入金できて便利です。

全国の信金を調べてみましたが、信金によって、硬貨入金手数料はまちまちで、

300枚から有料だったり、500枚から有料だったり。基本、混んでいる都会の銀行は手数料が高いようです。

無料の所は他に見つけられませんでした。ただ、お近くの信金だと可能性があると思うので、検索してみてください。

結論

北海道信用金庫に口座のある方は、無料なので、気兼ねなく使えます。

北洋銀行などの銀行を使う場合は、300枚ずつこまめに窓口に持って行くのが、無料になる方法ですが、大事な時間を無駄にしないように、空いている日を目指していきましょう。

銀行の混雑する日時

 月初・25日から月末

 10日・15日・20日

 連休の前後

 お昼と3時前

コメント

タイトルとURLをコピーしました