iDeCo+で 約8万円節税しながら年金確保 夫婦二人の会社でも企業年金?!

スポンサーリンク

税理士が教えてくれない節税方法。夫婦二人だけの超零細企業でも、税金のことを知れば、よりお金を残すことができます。税理士を雇うことをやめて、自分で勉強すると、こんな節税があるのかと、驚くことがたくさん。後から知らなかったことを悔やむこともたくさん。できるだけ多くの人に制度をちゃんと使って、零細企業でもきちんとお金を残していきましょう。

どんな節税か?

iDeCo+を使った節税は、会社から個人にお金が移動します。お金は60歳まで国民年金基金に拘束されます。

給与と同じような動きですが、給与と違って、社会保険料や、住民税などが上がらず、会社の経費だけが増える節税方法です。

今回はiDeCoに加入したものの、もう所得控除は十分で、iDeCoでは節税効果を得られない人のために、会社経費にする方法を書いていきます。

iDeCoと何が違うのか

うちも、実は最近やっとiDeCoに加入しました。iDeCoは、月額23000円まで自分の給料から投資信託に預けて、その分所得控除を受けます。60歳以降に引き出すときは、年金方式か退職一時金として控除されて受け取ることができる制度です。

ただ、すでに小規模企業共済も満額やっていて、所得控除の枠がこれ以上無い場合、効果があまりないため、iDeCo+がかなり節税になります。

iDeCo+は個人で払うiDeCoの一部を会社で負担して会社の経費にできる制度です。

どのくらいの節税効果か?

個人の掛金を1000円(最低1000円で会社負担と併せて23000円まで)

会社の掛金を最大の22000円とすると年間264000円✕30%=79200円の節税

また、個人の給与から264000円少なくできるので、社会保険料約30%の 79200円の節税になります。

もし、まだiDeCoを始めていなければ、iDeCo分の給与を減らして、経費化をすると、158400円の節税になります。

すでにiDeCoをやっていれば、社会保険料分の79200円の節税になります。

複雑な加入方法

いざiDeCo+加入しようと思うと、ホームページを見ても意味がわからず、何度も電話をかけて何とか、なったので、とりあえず、うちの会社の場合の加入方法をお伝えします。その他のケースは問い合わせしてみてください。

https://www.ideco-koushiki.jp/library/style/#Small_business_owner iDeCo公式サイト

条件 : 厚生年金被保険者1人のみ(主人) ・ すでにiDeCoに加入済み

  1. まず、K-314という書類とK-007Bという書類を事務処理センターに送る。
  2. センターから事業主払い込みの番号が届く
  3. K301、K303、K307、K308、K313を2部ずつ、送り状1枚を事務処理センターに送る
  4. 今、加入しているiDeCoの金融機関に連絡して、納付方法の変更を届け出る。K008,K009
  5. 会社の口座からiDeCoの設定をする。

まとめ

かなり、わかりにくいサイトで、大変でしたが、将来に備えて、お金が外に出て行かない節税は効果的なので、是非、やってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました